aoink.jp,N,STMicroelectronics,CH,MOSFET,492円,110A,100V,花・ガーデン・DIY , 木材・建築資材・設備 , 電設資材 , その他,MOSFET,/exorganic4012583.html,STMicroelectronics,H2PAK【キャンセル不可】,STH110N10F7-2,100V,110A,N,CH,H2PAK【キャンセル不可】,STH110N10F7-2 492円 STMicroelectronics STH110N10F7-2 MOSFET N CH 100V 110A H2PAK【キャンセル不可】 STMicroelectronics STH110N10F7-2 MOSFET N CH 100V 110A H2PAK【キャンセル不可】 花・ガーデン・DIY 木材・建築資材・設備 電設資材 その他 492円 STMicroelectronics STH110N10F7-2 MOSFET N CH 100V 110A H2PAK【キャンセル不可】 STMicroelectronics STH110N10F7-2 MOSFET N CH 100V 110A H2PAK【キャンセル不可】 花・ガーデン・DIY 木材・建築資材・設備 電設資材 その他 aoink.jp,N,STMicroelectronics,CH,MOSFET,492円,110A,100V,花・ガーデン・DIY , 木材・建築資材・設備 , 電設資材 , その他,MOSFET,/exorganic4012583.html,STMicroelectronics,H2PAK【キャンセル不可】,STH110N10F7-2,100V,110A,N,CH,H2PAK【キャンセル不可】,STH110N10F7-2 限定モデル STMicroelectronics STH110N10F7-2 MOSFET N CH 100V H2PAK 110A キャンセル不可 限定モデル STMicroelectronics STH110N10F7-2 MOSFET N CH 100V H2PAK 110A キャンセル不可

限定モデル STMicroelectronics STH110N10F7-2 MOSFET N 限定タイムセール CH 100V H2PAK 110A キャンセル不可

STMicroelectronics STH110N10F7-2 MOSFET N CH 100V 110A H2PAK【キャンセル不可】 STMicroelectronics STH110N10F7-2 MOSFET N CH 100V 110A H2PAK【キャンセル不可】

492円

STMicroelectronics STH110N10F7-2 MOSFET N CH 100V 110A H2PAK【キャンセル不可】 STMicroelectronics STH110N10F7-2 MOSFET N CH 100V 110A H2PAK【キャンセル不可】



STMicroelectronics STH110N10F7-2 MOSFET N CH 100V 110A H2PAKパッケージング:カット テープ(CT)シリーズ:DeepGATE?, STripFET? VII部品状況:生産中止品FETタイプ:Nチャンネル技術:MOSFET(金属酸化物)ドレイン~ソース間電圧(Vdss):100V電流 - 25°Cでの連続ドレイン(Id):110A(Tc)駆動電圧(最大Rdsオン、最小Rdsオン):10VId、Vgs印加時のRds On(最大):6.5ミリオーム @ 55A、10VId印加時のVgs(th)(最大):4.5V @ 250μAVgs印加時のゲート電荷(Qg)(最大):72nC @ 10VVgs(最大):±20VVds印加時の入力静電容量(Ciss)(最大):5117pF @ 50VFET機能:-電力散逸(最大):150W(Tc)動作温度:-55°C~175°C(TJ)取り付けタイプ:面実装サプライヤデバイスパッケージ:H2Pak-2パッケージ/ケース:TO-263-3、D2Pak(2リード + タブ)、TO-263AB

STMicroelectronics STH110N10F7-2 MOSFET N CH 100V 110A H2PAK【キャンセル不可】 STMicroelectronics STH110N10F7-2 MOSFET N CH 100V 110A H2PAK【キャンセル不可】

Category カテゴリー

What's "Fika" ? フィーカとは

「Fika」はCINRA.NETとVOLVOが送る、北欧カルチャーマガジンです。北欧デザインの思想の基盤を「クラフトマンシップ×最先端技術」と捉え、そこに学びながら、これからのカルチャーやライフスタイルにまつわるコンテンツをお届けします。